奥会津の郷土料理「こづゆ」の作り方

こづゆは、福島県会津地方の郷土料理です。南会津地方ではこづゆを「つゆじ」と言うこともあります。

地域によって呼び名前や入れる具材が少しずつ変わってきますが、会津の郷土食で代表的なおもてなし料理です。

乾物のホタテの貝柱を水で戻し出汁を取り、サトイモ、ニンジン、しらたき、シイタケ、キクラゲ、ギンナン、インゲンなどを煮込みます。日本酒、醤油で味を整えてワラビをのせたら出来上がりです。

福島のスーパーには「こづゆセット」が売っており、こづゆに焼いた餅を入れて雑煮としても美味しいです。

スポンサーリンク



こづゆの材料(5人前)

  • 干し貝柱 2~3個
  • 糸こんにゃく 1/2玉
  • 干ししいたけ 2~3枚
  • 人参 1/2本
  • 里芋 4~5個
  • 旬の食材 適量
  • 豆ぶ 1カップ
  • 青味 適量
  • きくらげ 8~10枚
  • 塩 小さじ1/2杯
  • 酒 大さじ1杯
  • 醤油 大さじ1~2杯

作り方

①干し貝柱を水に浸して身をほぐします。※もどし汁も使います

②干ししいたけを水に浸してもどし、薄く切ります。※もどし汁も使います

③里芋はぬめりを取るため塩ゆでしておく。

④人参はいちょう切りに、こんにゃくはたんざく切りに、たけのこは斜めに薄く切ります。きくらげは軸を切って手でこまかく裂きます。

⑤貝柱としいたけのもどし汁を合わせて、だし汁にほぐした貝柱を入れます。

⑥里芋、人参、しいたけを入れて一煮たちさせます。

⑦きくらげ、こんにゃくを入れます。

⑧酒、醤油、塩を入れて味付けをします。

⑨豆ぶを入れて一煮たちさせれば出来上がりです。

スポンサーリンク



更新日:

Copyright© 【簡単に売れる】福島県で車を高く売る方法とは? , 2017 AllRights Reserved.