おひら

名前の由来
蓋付きの会津塗りの平椀、「おひら」の椀を使うことからこの名が付いたとされている。山芋や、ごぼう、昆布、舞茸、揚げ豆腐、赤腹(ハヤ)などの具材が入り、昆布と赤腹の旨味がダシに生きる奥会津の伝統料理である。

材料( 5人前)

●昆布  1本
●山芋 1/2本
●ごぼう 1/2本
●醤油 大さじ5
●舞茸 500g
●にぼし 適量
●赤腹(ハヤ) 5匹
●揚げ豆腐 3枚

作り方
①昆布を赤鍋(銅鍋)で煮る。銅の鍋で煮ると昆布が青く鮮やか煮ることができる。
②煮た昆布1本について5つの結びを付け、5等分する。
③ごぼうを切る。祝いでは、こまづめ切り、仏事ではぶつ切り。
④山芋の皮は、むかずに毛を火であぶり、ななめにぶつ切りする。山芋がない時は里芋で代用する。
⑤鍋に、にぼし、ごぼう、昆布、塩出ししている舞茸、揚げ豆腐を入れて煮る。
⑥ごぼうが煮えたら、山芋と赤腹を入れ、醤油で味付けをして弱火で煮込む。
⑦盛り付けは、ごぼう、山芋、油揚げなど土のものを器の下に、昆布などの海のものがその上に、手前に川のものの赤腹を、舞茸など山のものを一番上に盛り付けて出来上がり。

投稿日:

Copyright© お子さんの通信教育選びに役立つホームページ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.